事故 対処法

もしも事故に遭ったら

皆様が交通事故に遭ってしまった場合、何をしなければならないかは常に頭に入れておかなければなりません。
確かに事故を起こしてしまった時点で、責任を問われることになるのですが、そこで適切な行為を働けば人命が助かったりすることもあるのです。
車を運転するのでしたら、事故に遭った時何をすべきなのかをしっかりと頭に入れておきましょう。

また、自動車保険の役割についても説明していきます。

1.被害を最小限に抑える
事故を起こしてそのまま放置していますと、二次的な事故に発展する恐れがあります。
まずは、事故現場でさらに事故が重ならないように適切な処置を行いましょう。

2.消防・警察への連絡
もちろん、人身事故の場合は一刻も早く消防に電話をかけ、救急車を呼びましょう。
ただ、なんでもかんでも呼べばいいというものでもありません、きちんと状況を把握してから呼びましょう。
また、警察に来てもらうのも忘れずにしてください。

3.保険会社への報告・証拠の確保
消防・警察を呼び、とりあえず大丈夫そうでしたら保険会社に電話連絡しましょう。
保険会社もプロですので、皆様が慌てているのを落ち着かせたりすることには慣れています。
とにかく、電話をかけてみましょう。
また、事故現場でどのような事故を起こしてしまったかを写真で抑えるなど、証拠を確保しておきましょう。
稀に、事故に乗じて皆様が原因ではない破損箇所などを皆様に押し付けようとする人物もいます。

事故

1と2に関しては疎かにしていると、事故を起こした人の過失になってしまう可能性もあります。
何より、一刻も早く対応することで被害が小さくなることもあるので、しっかりと対応しましょう!