任意保険 必要性

任意保険は必要か?

自動車をお持ちの方は全員自賠責保険に加入する義務がありますので、もちろん自賠責保険には加入していると思われます。
しかしながら、自賠責保険だけで満足して、任意保険のことを疎かに考える方が稀にいらっしゃいます。
任意保険が必要か?その質問に一言で答えるのでしたら「絶対に必要です!」といえるでしょう。

まず、自賠責保険には上限があることを理解しておきましょう。

簡単にまとめますと

怪我→上限120万円
後遺症が残る怪我→75万円?3000万円
死亡→3000万円

となっております。

日本で起きている事故の高額賠償をみますと、3億円前後という賠償額となっています。
仮に、皆様が交通事故を起こし、自賠責保険に入っていなかったとなりますと、上限いっぱいの自賠責保険がおりても2億7000万円のこります。
この金額は全て自己負担となるのです。
はっきりいって、一生かけても払えない可能性もある損害賠償を払わなければならないのです。
任意保険はこういった自賠責保険では賄えない補償を受け持ってくれる保険です。

もちろん、損害賠償を求められた人の支えとなる保険ですが、同時に事故の被害者のための保険でもあるとお考えください。
事故の被害者は何も悪いことをしていないのに、人生を台無しにされるほどの事故に巻き込まれてしまったのです。
生活を立て直すため、また心身の苦痛を解消するためにも損害賠償をしてもらう必要があります。
その損害賠償をスムーズに受けるための保険でもあるとお考えください。

確かに任意保険は余計にお金がかかるので負担を嫌う人もいらっしゃいます。
しかしながら、必須といえる保険ですので、その保険料を負担に感じる内はまだ車を持つのは早いといえます。
絶対に任意保険には加入しましょう!